初めての転職を終えて

5月なのに暑いですね。大して着込んでもいないのに、朝の通勤ラッシュで汗だくになりながら出勤してます。

最近、退職・就職エントリーなるものが流行っているらしく、私もそういったエントリーを参考などにしつつ転職活動をしていました。
ただ、自分でそういった前の会社がどうとか、今の会社がどうという事を書くつもりはなかったりします。そういったことはご飯を食べりお酒を一緒に飲んでいる時にでも話すのが、私の場合ベストだと思います。(でも人の退職・就職エントリは見ます!)
なので、ご飯行きましょう!渋谷で働いてます!!!

本エントリは、転職するまでの期間中に気づいた事などをつらつらと書いていこうと思います。

前職について

2007年に専門学校を卒業し、新卒でウェブ制作会社に就職しました。
7年弱ずっとこの会社にお世話になり、主にウェブサイトの制作業務でデザインや実装・構築など行っていました。
会社の同僚と遊んだり旅行へ行ったり飲みに行ったり飲みに行ったり飲みに行ったりと、充実した7年間だったと思います。

7年勤めた会社を退職

2014年に退職し、NEETになりました。

ニート(英語: Not in Education, Employment or Training, NEET)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%88

親のスネをかじってることがNEETじゃなく、自分の貯金で暮らしてもNEETなんだね。

もともと退職後は、すぐに転職活動を行おうとは思っていませんでした。
自分のキャリアに空白期間が生まれるというデメリットも考慮した上で、全く何もしない期間を設けて自分の事をじっくり考えてみたいと思いました。
正直、初の転職で思い切った気もしますが結果的には良かったと感じています。

NEET期間、当然お金の収支はまったくなかったので預金を崩しました。
貯金は苦ではないタイプの人間なので、お金の心配はあまりしていませんでした。が、最初の1ヶ月はさすがにヒヤヒヤしました。保険・年金の切り替えの際にかなりの額が吹き飛びましたし、家賃食費や諸々で月10万以上は消えて行きました。

ありがたい事にこの期間に友人のウェブサイトをお手伝いさせてもらう事が出来、少し懸念していた技術の衰え的な何かを払拭できました。(報酬はお肉で頂きました)
モンブランズ
tatsuco
太陽保育園

NEETを経て転職活動

年も明け、転職活動を開始しました。

ポートフォリオを作り色々な企業をリサーチしましたし、ポートフォリオで使う素材を貰いに前職の職場へ行ったりもしました(普通はありえないと思います。ありがとうございました!)
活動前にハローワークへ行き失業手当を申請し、説明会に行きいろいろと説明を受けました。この辺の手続きや申請フローがすごく分かり辛く、ほぼネットで調べながら行きました。google検索で、1年以内の絞り込みなどして見易いサイトを選ぶのがおすすめです。

色々な採用サイトへ登録し、色々な会社に面談に行きました。
この面談というシステムはとても良くて、実際に訪問する事で会社のリアルな情報を見て聞いて得る事が出来ました。(社内の空気も大体分かります)
ネットの評判や説明会だけで会社を選び何年も働くという事が全くイメージ出来なかったし、双方のマッチングが最重要だと思うので、それを事前に測れるという意味では、訪問・面談というシステムはとても良かったです。

いくつかの会社にエントリーしましたが、基本的に数十社同時にエントリーするという考えはありませんでした。
自分のスキルを安売りしたくなかったし、自分のスキルを理解してくれる会社で無ければ働けないと思っていました。

と、なんやかんやありまして5月に転職先が決まりました。

NEET期間は本当に必要だったのか

履歴書で言うブランクが半年出来てしまいましたが、自分についてじっくり考えることが出来たので良かったと思います。
働くということ、自分の長所短所、やりたいこと、10年後どこにいたいのか、そのために何が必要なのかをじっくり考え、自分の中で結論付けて新しい会社を探し始めたとき私は、”新卒時に感じた働くことのドキドキした感じ” を再び味わえると直感しました。その感覚は働き始めた現在、とても強く感じられています。

「自分を見つめ直す」はよく言われ使われる言葉だけども、全ての働く人にとってとても重要なキーワードなんだと思います。少なくとも、私の人生においては大変貴重な言葉・体験となりました。